本文へスキップ

租税協定(そぜいきょうてい)とは

租税協定(そぜいきょうてい)とは


租税協定(そぜいきょうてい)とは

  • 租税協定(そぜいきょうてい:tax treaty)とは、源泉地国の課税と同時に、居住地国での課税という国際的な二重課税をできる限り回避・排除し、合わせて脱税を防止することを主な目的として締結される国際協定のことです。租税協定、または租税条約は所得税条約と相続税条約に分類されるが、大部分が所得税条約です。



二重課税とは

国際的な企業は、同一所得に対して、その所得の源泉地国での課税と同時に居住地国での課税という二重課税が発生します。それを回避・排除していこうとするのが租税協定です。二重課税の回避・排除は、国外源泉所得について居住地国が課税権を放棄して免税扱いする方法と、国外源泉所得も国内源泉所得に合算して居住地で課税するが外国で課税された税額が居住地国で控除を認める方法があります。どちらを採用するかは各国の政策次第となっています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース