本文へスキップ

OECD(経済協力開発機構)とは

OECD(経済協力開発機構)とは


OECD(経済協力開発機構)とは

  • OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)とは、先進国間の自由な意見交換・情報交換を通じて、経済成長、貿易自由化、途上国支援に貢献することを目的とした34の加盟国からなる国際経済協力機関のことです。本部事務所はパリ。1961年発足、日本は1964年に加盟。



OECDの組織

OECDの意思決定最高機関は理事会となっており、閣僚理事会(年一回開催)と常任代表による通常理事会(頻繁に開催)を開催しています。その下部に執行委員会、各種委員会があり多岐に亘る分野の活動をしています。また付属機関として、エネルギー問題を検討するIEA(国際エネルギー機関)があります。




OECD加盟国

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、カナダ、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フィンランド、スウェーデン、オーストリア、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア、エストニア、スロベニア、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ノルウェー、アイスランド、トルコ、韓国、チリ、イスラエル








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース