本文へスキップ

預金準備率とは

預金準備率とは


預金準備率(支払準備率)

  • 預金準備率(Reserve Requirement)とは、「支払準備率」とも呼ばれ、金融機関が預金の一定比率以上の金額を無利子で中央銀行に預け入れる比率のことです。預金準備率は、準備預金制度により義務付けられており、都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信託銀行、外国銀行在日支店、信用金庫、農林中央金庫などがその対象となっています。預金準備率は、銀行の与信量を決定する重要な手段の一つで、これによってマネーストックや経済成長の速度が設定されます。中央銀行は、この預金準備率を上げたり下げたりして金融機関が貸し出せるお金の量を調整しています。



預金準備率が上がると?

預金準備率が上がると、金融機関が貸出に回せるお金の量が減少し金利は上昇します。金融機関が貸出に回せるお金が減少すると企業に回ってくるお金の量が減りますので、設備投資の縮小や事業拡大の抑制に繋がります。ゆえに、預金準備率が上がると、金融は引き締まって経済成長は鈍化します。





預金準備率が下がると?

預金準備率が低くなると、金融機関が貸出に回せるお金の量が増え金利は低下します。金融機関が貸出に回せるお金が増えれば企業に回ってくるお金の量が増えますので、設備投資の拡大や事業拡大が見込めます。ゆえに、預金準備率が下がると、金融は緩和され経済成長が促進されます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース