本文へスキップ

準備預金制度とは

準備預金制度とは


準備預金制度とは

  • 準備預金制度とは、”準備預金制度に関する法律(1957年施行)”によって金融政策の手段として導入された、対象となる金融機関に対して受け入れている預金等の一定比率(準備率)以上の金額を日本銀行に預け入れることを義務付ける制度のことです。準備率は、日銀金融政策決定会合で設定・変更・廃止されます。
  • 準備預金制度の対象となる金融機関は、銀行、信用金庫(預金残高 1,600億円超の信用金庫のみ)、農林中央金庫です。



準備預金制度について

日本銀行は準備預金制度で、対象となる金融機関に対して、受け入れている預金等の一定比率(準備率」以上の金額を日本銀行に預け入れることを義務付けています。この預け入れなければいけない金額(当座預金または準備預り金として)には最低預け入れなければいけない金額が決まっており、これを「法定準備預金額(所要準備額)」といいます。法定準備預金額を超えて日本銀行に預けている当座預金または準備預り金を「超過準備」といい、この超過準備には補完当座預金制度で利息を付すことになってます。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース