本文へスキップ

低開発国とは

低開発国とは


低開発国とは

  • 低開発国とは、明確な定義はありませんが、国際分業の体制下で原材料の生産や輸出に特化し、先進諸国に対する依存度が高く、国民所得(1人当たり)が相対的に低いとされる国のことです。「開発途上国(発展途上国)」や「後進国」と同義語ですが、差別的な響きがあり適切ではないとして、開発途上国、または発展途上国と呼ぶようになりました。また、近年は開発途上国で経済成長が進んでいる国が多いことから「新興国」と呼ばれることもあります。



開発途上国の国々

開発途上国は、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニア、ニーズ諸国に多く、OECD(経済協力開発機構)のDAC(開発援助委員会)が作成する「援助受取国・地域リスト」(DACリスト)第I部に記載されている国および地域を指すことが多いです。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース