本文へスキップ

支払準備制度とは

支払準備制度とは


支払準備制度とは

  • 支払準備制度(resere requirements system)とは、中央銀行(日本の場合は日本銀行)が対象となる金融機関に対して預金の一定割合の現金を中央銀行に預託することを義務付けており、預託の割合(支払準備率)を金融政策によって変更し、民間の金融機関の信用創造に影響を与えようとする制度のことです。

    日本では、1957年に準備預金制度が導入され、1959年に準備率が設けられました。



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース