本文へスキップ

サッチャーイズムとは

サッチャーイズムとは


サッチャーイズムとは

  • サッチャーイズム(Thatcherism)とは、英国のサッチャー政権が進めた政策過程のことです。1979年の5月に行われた英国の総選挙において、労働党から5年ぶりに保守党に政権が移り、サッチャー政権が誕生しました。サッチャー政権は、低成長と高いインフレを克服するために、政府による市場介入を抑制し、民間の活力を活用することを示しました(労働党の福祉国家から「小さな政府」へと転換した)。



サッチャー政権の主な政策

  • マネーサプライ(マネーストック)の抑制
  • インフレ抑止(公共部門の赤字削減)
  • 国営企業の民営化(または合理化)
  • 税体系の見直し

これらの政策過程のことを「サッチャーイズム」といいます。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース