本文へスキップ

協調介入・単独介入とは

協調介入・単独介入とは


協調介入とは

  • 協調介入(coordinated intervention)とは、為替相場を安定させることを目的に、主要国の中央銀行が協調して外国為替市場に介入して、意図的に外国為替の売買を行うことです。



単独介入とは

  • 単独介入とは、為替相場を安定させることを目的に、一国の中央銀行が単独で外国為替市場に介入して、意図的に外国為替の売買を行うことです。



協調介入と単独介入の効果

為替介入は、本来、自然に変動する為替レートを意図的に上げたり下げたりしようとすることです。為替介入は、通常は協調介入が行われます。協調介入はいくつかの国が協力して行いますので、多くの場合はは国の思惑通りの方向へ為替相場は進みます。一方、単独介入は一国だけで為替介入することですので、効果としては一時的なものとなりやすい傾向があります。本来、為替相場は国と国の金利差や国力、経済状況によって決まるものですので、片方の国だけで為替介入してもあまりうまくはいきません。うまくいったとしても一時的な効果が出るにとどまり、長期的に相場を変えるほどの効果がないことが多いです。また、為替介入は、うまくいかなければ膨大な損失となってしまうリスクがあります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース