本文へスキップ

レパトリエーション(レパトリ)とは

レパトリエーション(レパトリ)とは


レパトリエーション(レパトリ)とは

  • レパトリエーション(repatriation)とは、海外に投資していたお金を本国に還流することです。資金を引き上げること。通称「レパトリ」。



レパトリエーションの例

レパトリエーションは、例えば、日本企業が決算対策として海外の子会社が保有する外貨建て資産を売却して円資産に戻すことです。この動きが一斉に出れば、為替相場の変動要因となります。もし、日本企業が米国の子会社に投資していた資金を日本に戻すといった場合は、ドルを売って円を買うことになります。ゆえに、この場合だけに限って言えば円高要因となります。

レパトリエーションが出やすいのは、日本では3,9月、米国では11,12月。ただ、レパトリエーションは相場にそんなに大きな影響は出ないことがほとんどです。米ドル/円で大きな影響が出ることはあまりありません。ユーロ円では少し影響が出ることもあります。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略ブログ

サイト運営者の日々の相場に関するコメントをブログで。
スマホの方はこちら→http://kabusoba.webcrow.jp/sp/blog.html


バナースペース