本文へスキップ

たすき線

たすき線




たすき線





たすき線とは

たすき線とは、前日の高値よりも安く寄付き、前日の始値よりも安く終わるローソク足の組み合わせのパターン(左図)で、あまり出ることがない珍しいパターンです。かぶせ線より翌日の買いのエネルギーが弱い形で、かぶせ線より高い確率で売りを示唆するパターンとして捉えられます。

たすき線の場合(左図)、2つのローソク足を1つにすると「長い上ヒゲがついた陰線」になり、かぶせ線の場合は、「長い上ヒゲがついた短い陽線」になるため、たすき線の方が弱いと捉えられます。

これとは逆に、右図のたすき線の場合は、前日の陰線の後に、前日の終値よりも高く寄付き、前日の高値を上回って終わった形で、これは左図とは逆に、買いのエネルギーがあることを示すパターンです。




上放れたすき線・下放れたすき線

上記のたすき線は、高値圏や安値圏で出た場合の説明です。左図が相場の途中で上にをあけて出た場合は、「上放れたすき線」といい、意味が異なってきます。2つ目の陰線が上昇後の利食いをこなしたと捉えられ、以後、窓埋めの形が出なければ、買い場として捉えられます。

また、右図が相場の途中で下に窓をあけて出た場合は、「下放れたすき線」といい、以後、窓埋めの形がでなければ、売り場として捉えられます。






参考

ローソク足は、時間の経過にともなう価格の値動きを視覚的に表示したものです。価格は投資家の需給によって動くものなので、ローソク足の形状は投資家の需給が反映された形となります。要するに、ローソク足の形状は投資家の心理によって決まるのです。ゆえに、価格の値動きが作り出すローソク足の形状の意味を知っておけば、投資家が今何を考えているのか、買いたいのか売りたいのか、価格に楽観視しているのか不安を抱いているのかなど、様々なことがわかりますので、ローソク足の形状に関する基本的な意味や見方を知っておきましょう。また、ローソク足は複数のローソク足を組み合わせて分析するとより信頼が高まりますので、ローソク足の組み合わせのパターンはできるだけ知っておいて投資の判断に役立てましょう。

ただし、テクニカル分析に完璧なものはありませんので、その点は予め留意しておかなくてはなりません。 また、こういったローソク足の組み合わせは、大型株であればパターンにはまる可能性が高まりますが、小型株や新興株などで出来高が少なく、時価総額が少ない銘柄では通用しないことが多いので注意が必要です。






ローソク足の組み合わせパターン









その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース