本文へスキップ

おかめ三尊・おかめ逆三尊とは(だましのパターンも紹介)ーカギ足ー

おかめ三尊・おかめ逆三尊とは(だましのパターンも紹介)ーカギ足ー




三尊とは




おかめ三尊とは

おかめ三尊(おかめさんぞん)とは、正三尊天狗三尊に比べて、真ん中のの部分(真ん中の山の部分)が低いタイプの三尊です。

天狗三尊は、真ん中の肩の部分が長く、天狗の鼻のように見えることから「天狗三尊」と呼ばれており、真ん中の肩の部分を「鼻」と言うこともありますが、それに比べておかめ三尊は、鼻が短い(低い)ことから、「おかめ三尊」と呼ばれています。

おかめ三尊では、直近安値の「」を価格が割ってきた時点(青色の矢印)が、売りのポイントとなります。



おかめ三尊のだまし

おかめ三尊は、だましになる場合もあります。だましの判定は比較的容易で、価格が一旦、おかめ三尊の腰を抜いて下落したものの、一転して上昇し、おかめ三尊の肩を抜いてきた場合とするのが一般的です。このおかめ三尊のだましが起こった場合は、基本的には、価格は三尊の形を抜いてさらに上昇する可能性が高まります。どちらの肩(右側か左側か)を基準にするのかは、近い方(右の肩)とするのが一般的ですが、見方は様々あり、一概には言えません。







逆三尊とは

逆三尊(ぎゃくさんぞん)は、底入れ形成のシグナルとされている形です。カギ足の場合もチャート分析における逆三尊と同様の意味を持ち、「正逆三尊」「天狗逆三尊」「おかめ逆三尊」「肩下り腰下り逆三尊」などがあります。




おかめ逆三尊とは

おかめ逆三尊(おかめぎゃくさんぞん)とは、正逆三尊天狗逆三尊に比べて、真ん中の腰の部分(真ん中の谷の部分)が短いタイプの逆三尊です。

天狗逆三尊は、真ん中の腰の部分が長く、天狗の鼻のように見えることから「天狗逆三尊」と呼ばれており、真ん中の腰の部分を「鼻」と言うこともありますが、それに比べておかめ逆三尊は、鼻が短いことから、「おかめ逆三尊」と呼ばれています。

おかめ逆三尊では、直近高値の「肩」を価格が抜いてきた時点(青色の矢印)が、買いのポイントとなります。




おかめ逆三尊のだまし

おかめ逆三尊は、だましになる場合もあります。だましの判定は比較的容易で、価格が一旦、おかめ逆三尊の肩を抜いて上昇したものの、一転して下落し、おかめ逆三尊の腰を抜いてきた場合とするのが一般的です。このおかめ逆三尊のだましが起こった場合は、基本的には、価格は逆三尊の形を抜いてさらに下落する可能性が高まります。どちらの腰(右側か左側か)を基準にするのかは、近い方(右の腰)とするのが一般的ですが、見方は様々あり、一概には言えません。




カギ足のパターン(型)

カギ足のパターン(型)は、以下のリンク先のページで詳しく解説していますので参照してください。






テクニカル指標









その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース