本文へスキップ

ボリンジャーバンドとは(見方と使い方・設定(パラメーター)・テクニカル指標)

ボリンジャーバンドとは(見方と使い方・設定(パラメーター)・テクニカル指標)


ボリンジャーバンドとは




ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドの特徴は、価格が急な値動きを起こしても緩やかな値動きだったとしても、上下の3本のライン(バンド)を大きく突破しにくいことです。ボリンジャーバンドの上下3本のラインの特徴は以下の通りです。

±1σ
移動平均線の1本上のラインは「+1σ(シグマ)」、1本下のラインは「-1σ(シグマ)」と呼ばれ、相場が±1σのラインの間に収まる確率は、68.3%とされています、
±2σ
移動平均線から2本上のラインは「+2σ」、2本下のラインは「-2σ」と呼ばれ、相場が±2σに収まる確率は95.5%とされています。
±3σ
移動平均線から3本上のラインは「+3σ」、3本下のラインは「-3σ」と呼ばれ、相場が±3σに収まる確率は99.7%とされています。




ボリンジャーバンドの設定(パラメーター)

ボリンジャーバンドは、移動平均線を中心に上下3本ずつのラインで構成されます。すなわち、ボリンジャーバンドの中心線は移動平均線となります。この中心線の設定は、日足の場合は(株)、25日で設定するのが一般的です。為替の場合は20日や21日で設定するのが一般的です(株の場合も20日や21日で設定する投資家も多いです)。ただ、株であっても為替であってもそれぞれの設定を試してみて、相場に合わせて機能しやすい設定を選ぶのが適した設定と言えます。





ボリンジャーバンドの見方と使い方




テクニカル指標






その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース