本文へスキップ

ペンタゴンチャートの「時間の逆行」とは

ペンタゴンチャートの「時間の逆行」とは


時間の逆行とは

ペンタゴンチャートは、チャート上に左から右へ描き足していきます。チャートは、価格と時間が左から右へ描かれおり、ペンタゴンチャートもそれと同様に描き足していきます。価格はペンタゴン(五角形)の中を動きますが、時間とともに価格は今のペンタゴンの中から出て行く動きとなります。価格が出て行くペンタゴンの辺に、次のペンタゴンを描き足していくことになります。







例えば、BCの辺から価格が入ってきたとします。

この場合、AE、ED、CDのいずれかの辺から価格は出て行くことになります(青矢印の方向へ出て行く)。出て行ったいずれかの辺から新たなペンタゴンが描き足されます。この場合、AEから価格が出て行けば上昇トレンド、EDであれば持ち合い(保ち合い)相場、CDであれば下降トレンドになると予測されます。

ただし、ABの辺から出て行きにくいとされています。というのも、チャートは価格と時間が左から右へ描かれおり、ペンタゴンチャートもそれと同様に描き足していきます。ゆえに、この場合、ABの辺から価格が出て行くとペンタゴンが時間の流れとは逆方向に描かれることになり、時間の流れが逆になってしまう、すなわち「時間の逆行」となってしまうため、これは起こりにくいとされています。

ゆえに、例えばBCの辺から価格が入ってきて価格が急上昇してABの辺に接近したとしても、このABの辺が強力な上値抵抗線として機能すると考えられます。

ペンタゴンチャートが逆に作図されている場合は、この逆のことが言えます。



「時間の逆行」の観点から、茶色の方向に価格は出て行きにくいとされています。この場合、茶色の方向の辺が下値抵抗線として機能すると考えられます。




「時間の逆行」が起こった場合

「時間の逆行」が起こるということは、考えられることとしては描いたペンタゴンが小さ過ぎる場合です。ペンタゴンが小さいと「時間の逆行」は起こりやすいです。その場合、ペンタゴンの描き方の信頼性が失われますので、引き直しが必要となります。ペンタゴンの大きさや位置が適切であれば「時間の逆行」が起こらずに適切に推移していきやすいです。

→参考「ペンタゴンチャートの描き方





関連記事






その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース