本文へスキップ

ヒンデンブルグ・オーメンとは

ヒンデンブルグ・オーメンとは


ヒンデンブルグ・オーメンとは

  • ヒンデンブルグ・オーメン(Hindenburg Omen)とは、米国市場の株価を予測するためのテクニカル指標の一つです。本指標は、米国株の暴落の予兆を示す指標として知られており、シグナルが点灯すると、80%弱の確率で5%以上の下落が起こるとされており、さらに、パニック売りとなる可能性41%、重大なクラッシュとなる可能性24%と算出されている指標です。リーマンショックなど近年の株価急落時の前には同指標がほぼ点灯していました。

    1937年に起きたヒンデンブルグ号事故から名づけられた指標で、「ヒンデンブルグの予兆」とも呼ばれています。本指標は、頻繁にシグナルが点灯する指標ではなく、近年では2013年4月、2014年9月、2015年1月に点灯しています。物理数学者”ジム・ミーカ(Jim Miekka)”が導き出した指標と言われており、シグナルが点灯する条件は諸説ありますが、近年では以下の条件が同日揃ったときに点灯するとされています。





シグナルの条件

  • NYSE(ニューヨーク証券取引所)における52週高値更新銘柄数と安値更新銘柄数が共にその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.8%以上になる
  • NYSE(ニューヨーク証券取引所)の株価指数の値が50営業日前を上回っている
  • 短期的な騰勢を示すマクラレンオシレーターの値がマイナスになる
  • 52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の2倍を超えない



ヒンデンブルグオーメンの有効期間

ヒンデンブルグオーメンは、有効期間が約30営業日とされていますので、点灯後の約1ヶ月間は急落のリスクがある状態として捉えられています。ただし、科学的根拠が乏しい指標としても捉えられており、絶対的なシグナルとなるものではない点は注意が必要です。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース