本文へスキップ

ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスの違い

ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスの違い




ファストストキャスティクスとは


%Kと%Dの計算式や設定(パラメーター)など、ストキャスティクスの基本的な解説は「ストキャスティクスとは(見方と使い方・設定(パラメーター)・計算式)」を参照してください。」




ファストストキャスティクスの見方と使い方

ストキャスティクスは、%K、%D、%SDという3つの指標を組み合わせて売買の判断をしますが、%Kと%Dを組み合わせて売買タイミングをはかるのが「ファストストキャスティクス」です。

ファストストキャスティクスは、短い期間のチャートを見る場合に利用するのが一般的です。%Kは細かく振動する特徴があり、ファストストキャスティクスは、スローストキャスティクスに比べて売買シグナルが早く出るからです。ただし、売買シグナルが早く出るため、だましが頻繁に出ることもあります。

%Kと%Dは、ともに0%から100%の間で推移します。それぞれ価格が上昇すれば上がり、下降すれば下がります。それぞれ極端に高い数値が出れば買われ過ぎ、極端に低い数値が出れば売られ過ぎを示します。ただし、価格の上昇・下降が続いている状況では、0%や100%で張り付くこともあります。

ファストストキャスティクスの一般的な見方は以下です。

  • ファストストキャスティクスの買いシグナルは、買いのゾーン(30%以下)で、%Kが%Dを下から上に突き抜けた地点。
  • ファストストキャスティクスの売りシグナルは、売りのゾーン(70%以上)で、%Kが%Dを上から下に突き抜けた地点。

買いのゾーンは30%以下としていますが20%以下に、売りのゾーンは70%以上としていますが80%以上にした方が信頼度は上がります。






スローストキャスティクスとは

ストキャスティクスは、%K、%D、%SDという3つの指標を組み合わせて売買の判断をしますが、%Dと%SDを組み合わせて売買タイミングをはかるのが「スローストキャスティクス」です。

スローストキャスティクスは、長い期間のチャートを見る場合に利用するのが一般的です。長い期間のチャートと言っても、ストキャスティクス自体、短い期間の売買を目的に作られた指標という面があるため、日足以下がメインとなり、長くても、パラメーターを変えて週足以下で使うのがメインとなります。また、%Dと%SDは、%Kより滑らかな動きをするので、頻繁に売買シグナルを出すファストストキャスティクスより、比較的だましは少なくなりますが、よくよくだましも出る指標である点は注意が必要です。

%Dと%SDは、ともに0%から100%の間で推移します。それぞれ価格が上昇すれば上がり、下降すれば下がります。それぞれ極端に高い数値が出れば買われ過ぎ、極端に低い数値が出れば売られ過ぎを示します。ただし、価格の上昇・下降が続いている状況では、0%や100%で張り付くこともあります。

スローストキャスティクスの一般的な見方は以下です。

  • スローストキャスティクスの買いシグナルは、買いのゾーン(30%以下)で、%Dが%SDを下から上に突き抜けた地点。
  • スローストキャスティクスの売りシグナルは、売りのゾーン(70%以上)で、%Dが%SDを上から下に突き抜けた地点。

買いのゾーンは30%以下としていますが20%以下に、売りのゾーンは70%以上としていますが80%以上にした方が信頼度は上がります。




ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスどちらを使う?

ストキャスティクスの欠点は、シグナルが出過ぎる所にあります。特にファストストキャスティクスの場合は、売買シグナルが頻繁に出て「だまし」が多いため、ストキャスティクスはスローストキャスティクスを使うのが基本となります。




動画で解説ーYouTubeー

1から学ぶテクニカル指標(姉妹サイト「投資戦略」より)









テクニカル指標









その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース