本文へスキップ

出来高回転率とは(見方と使い方・計算式)

出来高回転率とは(見方と使い方・計算式)


出来高回転率とは

  • 出来高回転率(できだかかいてんりつ)とは、過去に比べて、現在の出来高(できだか)がどのような水準にあるのかを示す指標です。



出来高回転率の計算式

出来高回転率は、上場株式数との対比で算出されます。

  • 出来高回転率(%)=出来高×立ち会い日数÷上場株式数×100

一般的に、立ち会いが半日の時は出来高が減少するために、通常は5日移動平均値が使われます。加えて、立ち会い日数はキリがいい250日、または300日とすることもあります。






出来高回転率の見方と使い方

出来高回転率は、その日の出来高で、上場株式数が年に何回回転しているかを示しています。つまり、出来高回転率がゼロ%であれば上場株式数がゼロ回転、100%であれば上場株式数が1回転することを示しています。

  • 出来高回転率は、通常、50-60%で推移する
  • 出来高回転率は、100%以上で相場過熱を示し、警戒水準
  • 出来高回転率は、20%以下で相場の底入れが近いことを示す

ただし、銘柄によって見方は異なります。通常出来高が少ない銘柄であれば、出来高の急増など頻繁に起こって、出来高回転率が急に高くなることもあるため、上限がどこかの判断は難しく、個々の判断が重要となります。また、一般的には、出来高は売買代金と併せて見ることが多いため、出来高回転率は「売買代金回転率」と一緒に見ることが多いです。




動画で解説ーYouTubeー

1から学ぶテクニカル指標(姉妹サイト「投資戦略」より)









テクニカル指標






その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース