本文へスキップ

ボリュームレシオとは(見方と使い方・設定(パラメーター)・RSIとの組み合わせ)

ボリュームレシオとは(見方と使い方・設定(パラメーター)・RSIとの組み合わせ)


ボリュームレシオとは

  • ボリュームレシオ(Volume Ratio:VR)とは、計算期間内で、価格が上昇した日の出来高(できだか)の合計と、下落した日の出来高の合計を比較した(百分比した)出来高系指標(出来高系のテクニカル指標)です。出来高系指標としては最もポピュラーでよく使われる指標です。



ボリュームレシオの計算式

  • ボリュームレシオ(VR)=|(価格上昇日の出来高合計)+(価格が変わらなかった日の出来高合計÷2)|÷|(価格下落日の出来高合計)+(価格が変わらなかった日の出来高合計÷2)|


    ※上昇日は、前日終値と当日終値の比較




ボリュームレシオの見方と使い方

ボリュームレシオは、価格が上昇すれば上がり、価格が下落すれば下がります。
ボリュームレシオの水準による見方と使い方は以下です。

  • ボリュームレシオは、100%で価格上昇日の出来高合計と価格下落日の出来高合計が同じ
  • 100%以上で価格上昇日の出来高合計が価格下落日の出来高合計より多いことを示す。例えば、150%であれば、価格上昇日の出来高合計が価格下落日の出来高合計より50%多いということです。
  • 一般的には、価格上昇日の出来高合計は価格下落日の出来高合計より多くなるため、概ね150%が通常の水準。
  • ボリュームレシオは、450%を超過すると警戒水準で相場が天井圏になることが多いため、売りの目安とされています。ただし、天井圏のボリュームレシオの数値は、ばらつきやすく、時に大幅に数値が上がることもあるため注意が必要です。
  • ボリュームレシオは、70%以下になると相場が底値圏になることが多いため、買いの目安とされています。


ボリュームレシオは、上記のことから、天井圏ではばらつきが多いため信用に足らず、一方で底値圏では信頼度が高い傾向があるため、底値圏で参考にできる指標です。

ただし、出来高系指標は、出来高を分析するテクニカル指標ですが、価格の分析を対象としていませんので、出来高系指標が示すシグナルは、売買の判断には使えません。出来高は価格の動きに先行すると言われますが、出来高の増減が、直接、価格の動きの変化を示すものではないため、出来高系指標だけを見ても売買タイミングははかれません。
テクニカル指標の主力は、実際の価格の動きを分析している「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」であり、売買タイミングをはかるのは、そちらの方が適しています。ゆえに、出来高系指標はそれらを補完するために用いるのが一般的であるため、判断材料の一つと捉えておくべきです。




ボリュームレシオはRSIと組み合わせて使う

ボリュームレシオは、RSIと組み合わせて使うのが一般的です。というのも、RSIは、計算期間内に上方向への動きがどれだけあったかを示し、ボリュームレシオは計算期間内に上方向へ動く時の出来高がどれだけあったかを示しているためです。

一般的な見方は以下です。

  • RSIとボリュームレシオが、ともに極端な数値をつけた時は天井や底入れの可能性が高まるため、逆張りの目安となる。



設定(パラメーター)

ボリュームレシオは、25日を計算期間として設定するのが一般的ですが、RSIと組み合わせて使う場合は、RSIは、14日で設定するのが一般的ですので、ボリュームレシオも14日で設定することが多いです。






テクニカル指標






その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース