本文へスキップ

ROCとは(見方と使い方、設定(パラメーター)・テクニカル指標)

ROCとは(見方と使い方、設定(パラメーター)・テクニカル指標)


ROCとは




ROCの計算式

ROCは、モメンタムと同種のもので、モメンタムと同じ数値を、引き算ではなく割り算で求めて計算します。

モメンタムの計算式は以下の通りです。

  • モメンタム=当日の価格ーN日前の価格

    ※「当日の価格」「N日前の価格」は、それぞれ「終値」を使うのが一般的です。


ROCの計算式は以下の通りです。

  • ROC=(当日の価格ーN日前の価格)÷N日前の価格×100(%)

    ※「当日の価格」「N日前の価格」は、それぞれ「終値」を使うのが一般的です。

上記のモメンタムとROCの計算式からすると、モメンタムは値動きの幅を取ったものなので、値動きによって数値が大きく変わってきます。ROCはこの点を是正したもので、過去の価格からの値上がり(値下り)率を示したものです。







ROCの設定(パラメーター)

ROCの設定(パラメーター・上記のROCの計算式の「N」の設定)は、10日、15日、20日、21日、25日などが一般的です。特に、10日、25日はよく使われます。

上記は日足での設定になりますが、ROCは週足以上でも使われます。ただ、設定(パラメーター)の計算期間を長くすれば長くするほど、その間に価格の変動は大きくなりますので、ROCも大きく動くことになります。




ROCの見方と使い方・買いシグナルと売りシグナル

ROCの基本的な見方は以下の通りです。



ROCの基本的な買いシグナルと売りシグナルは以下の通りです。

  • ROCが、ゼロラインを下から上に突き抜けた時が買いシグナル
  • ROCが、ゼロラインを上から下に突き抜けた時が売りシグナル


また、価格の動きには、上昇や下落・横ばい(持ち合い(保ち合い))の状態がありますが、価格が短期間で極端に上下に振れることはそんなに起こりません。一方、極端に上下に振れた場合は、その反動が起こる可能性が高まります。ゆえに、ROCは極端に大きく振れにくいですが、極端に振れた場合は、その反動を警戒しておく必要があります。

  • ROCが極端に上昇したら、買いポジションを手仕舞う。もしくは新規の空売りを考える。
  • ROCが極端に下降したら、売りポジションを手仕舞う。もしくは新規の買いを考える。



ROCの水準と逆張りの仕方

さて、上記の「極端に」というのは、対象銘柄によって水準は異なりますので、過去の推移を見て判断します(設定(パラメーター)の計算期間によっても水準は異なります)。
例えば、過去にROCが±5%の間で推移していたのであれば、5%以上・-5%以下が極端な位置と判断できますし、過去に±20%の間で推移していたのであれば、20%以上・-20%以下が極端な位置と判断できます。

ゆえに、

  • ROCが、過去の水準の下限に達した所が買いシグナル
  • ROCが、過去の水準の上限に達した所が売りシグナル

一般的にはこの見方になりますが、過去の水準の上限・下限で反発するとは限らないので、その水準を目安に反発・反落を確認してから仕掛けた方がいいです。

テクニカル指標は一つだけで売買判断をしない方がいいので、例えば、ROCが過去の水準の下限に達した所で、5日移動平均線を見て、ローソク足が5日移動平均線を陽線で明確に抜いてきたら短期のトレンドが転換した可能性が高まりますので、その時点で買いを入れる、といったトレードの方が精度が高まりやすいです。厳密に言えば、これは正確な逆張り(ぎゃくばり)ではありませんが、短期のトレンドの転換がなければ、反転するかわかりませんので、信頼度を高めるためにも使った方がいいと思います。

このことから、以下のような売買タイミングも効果的になりやすいです。

  • ROCが、過去の水準の下限を突き抜けて極端に下降した後、短期のトレンドが転換した時点(5日移動平均線をローソク足が陽線で明確に突き抜ける等)で買い
  • ROCが、過去の水準の上限を突き抜けて極端に上昇した後、短期のトレンドが転換した時点(5日移動平均線をローソク足が陰線で明確に割る等)で売り



ROCの逆行現象(ダイバージェンス・コンバージェンス)

ROCはオシレーター系指標ですので、価格のトレンドとオシレーター系指標の方向が反対になるダイバージェンスコンバージェンスの「逆行現象」が起こることがあります。つまり、価格が高値を更新している上昇トレンドなのに、ROCが切り下がっているような状況です(ダイバージェンス)。これは、その上昇トレンドのモメンタム(勢い)が弱まっていることを示し、間もなくそのトレンドが転換することを示しますので、逆張りのシグナルとして使われることが多いです。

ただし、この逆行現象は、トレンドの最終段階だけで出現することは稀で、上昇トレンド(下降トレンド)中に頻繁に出現してシグナルを出します。また、そのトレンドが支配的であれば、短期的に機能したとしても多くのだましシグナルとなりやすいので、それだけでトレードの判断をしない方がいいです。
つまり、ダイバージェンスやコンバージェンスを確認してから、短期の移動平均線をローソク足が抜いてきたり、トレンドラインを割る等のトレンドの転換を確認してから仕掛けた方が精度は高まると思います。

詳しくは、「ダイバージェンスとは(見方と使い方)」「コンバージェンスとは(見方と使い方) 」を参照してください。





動画で解説ーYouTubeー

1から学ぶテクニカル指標(姉妹サイト「投資戦略」より)







テクニカル指標







その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース