本文へスキップ

ADXの見方と使い方・設定(パラメーター)・テクニカル指標

ADXの見方と使い方・設定(パラメーター)・テクニカル指標


ADXとは




ADXの計算方法

ADXを算出するには「DX」を算出する必要があります。DXとは、+DIと-DIの差の絶対値を+DIと-DIをプラスしたもので割ったものです。つまり、+DIと-DIがどれだけ離れているかを示す指標です(+DIと-DIの詳しい解説は「DMI(方向性指数)の見方と使い方・設定(パラメーター)・テクニカル指標」参照)。

  • DX=|(+DI)ー(-DI)|÷((+DI)+(-DI))×100

※|は、絶対値を示しています。式で||で囲まれた計算結果がマイナスで出れば、マイナスをとってプラスにします。



ADXは、DXを移動平均した指標です。

  • ADX=DXのN日の平均値

※Nは14日とするのが一般的です。




ADXの設定(パラメーター)

ADXは、通常「14日」で設定するのが一般的です(つまり上の計算式のNを14日にする)。これは、DMIの考案者であるJ・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア (J. Welles Wilder, Jr.)が、14日を使っていたことに由来しています。日本株でも合いやすい傾向があることから14日で設定することが多いです。ちなみに、より短期で設定する場合は「7日」や「8日」とすることも多いです。ただし、設定を短期とした場合は反応が早くなりますが、「だまし」となる可能性も高まります。

また、ADXに加えて「ADXR」を併用することも多いですが、一般的にはADXRはADXより長い日数で設定されることが多く、ADXを「14日」で設定した場合はADXRを「28日」に、ADXを「7日」や「8日」で設定した場合は、ADXRを「14日」で設定することが多いです。






ADXの見方

ADXの計算方法から、ADXが上向きになるということは、+DIと-DIの差が上昇・下降に関係なく開いていることを示しています。つまり、ADXが上向きに転じた地点は値動きに勢いがついてきたことを示します

ADXの見方は以下の通りです。

  • ADXが上向きに転じた地点がトレンド発生の地点
  • ADXが上向きで推移している間はトレンド継続
  • ADXが下向きに転じた地点がトレンド終了の地点
  • ADXが下向きで推移している間はトレンドがない状態

ただし、注意しておきたいのは、ADXが示すのはトレンドの強さ(勢い)です。ADXが上向きに転じたからといって上昇トレンドが発生する可能性が高まったということでなく、下降トレンドが発生する可能性が高まったのかもしれません。つまり、方向に関係なく、どちらかに勢いが出てきたのかを示すということです。ADXが示すのは方向ではなくトレンドの強さ(勢い)です。




ADXの注目ポイントと使い方

ADXは、計算上、ゼロにはなりませんが、ADXが低水準で推移している時と、高水準で推移している時は注目ポイントとなります。

  • ADXが低水準で推移している時は、その後のADXの上昇を示唆している
  • ADXが高水準で推移している時は、その後のADXの下降を示唆している


つまり、

  • ADXが低水準で推移している時は、その後、価格が上下どちらかに動意づく可能性が高いので、ADXが上向きに動意づいた所が仕掛けのポイントになりやすい
  • ADXが高水準で推移している時は、その後、勢いがなくなるので、ADXが下降した所でポジションを手仕舞うことを考える

注意しておきたいのは、ADXだけでは売買のシグナルとはならないということです。あくまで勢いがついてきたのかを判断するための指標ですので、あくまで目安です。つまり、ADXが上向きになってくれば、そろそろ勢いがついてきたか、下向きになってくれば、勢いがなくなってきたか、といったことを判断するための指標です。




DMIの見方と使い方

ADXはDMIを構成する指標の中の一つであるため、DMIを構成する+DIと-DIという指標と一緒に見る必要があります。+DIと-DIは価格の方向性を示します。

+DI
上向きの方向を示す
-DI
下向きの方向を示す

+DIと-DIは価格の方向性を示します。詳しくは、「全体の振れ幅に対する方向性を持った動きの割合」ですが、+DIと-DIは、ともに0から100%の範囲で推移します。

+DIと-DIは、磁石の+と-のように、逆相関で動く特徴があります(ただし完全ではない)。ゆえに、+DIが上昇している時は-DIは低下しており、-DIが上昇する時には+DIは低下する傾向にあります。上向きの方向か下向きの方向か、+DIと-DIの5つでどちらのエネルギーの方が強いのかを示すのがDMIです。それに加えて、勢い(モメンタム)を表すのがADXです。トレードツールでDMIを表示させた時、±DIだけ表示されるツールもあれば、ADXを加えて3本で表示しているツールもあります。

それぞれの見方は以下の通りです。

  • +DIが-DIより上にあり、かつADXも上昇していればプラスの勢いが強いことを示す。
  • 逆に-DIが上昇していて+DIより上にあり、かつADXが上昇していればマイナスの勢いが強いことを示す。
  • 加えて、30%ラインが目安となり、それを超えるとトレンドが発生していることを示す。
  • ADXは「ADXR」と併用することが多く、短期のADXと長期のADXRのゴールデンクロス、またはデッドクロスでトレンド転換を示唆します。



動画で解説ーYouTubeー

1から学ぶテクニカル指標(姉妹サイト「投資戦略」より)










テクニカル指標







その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース