本文へスキップ

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし


三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)



三尊天井は、上図のような形状のチャートのパターンのことをいい、2つ目の山が一番高いのが特徴です。欧米では2つ目(真ん中)の山を頭(ヘッド)、左右の山が肩(ショルダー)に見えるということで三尊天井のことを「ヘッドアンドショルダーズトップ」と呼んでいます。
三尊天井は世界的にも有名なチャートパターンの一つで、価格の上昇トレンドが終了し下降トレンドに転換するシグナルとして知られています。三尊天井は高値圏で出現しやすいチャートパターンで、ダブルトップと似た性格のチャートパターンなのですが、ダブルトップよりも信頼性の高い相場転換のシグナルとされています。





三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)は、相場の天井を示すチャートパターンですが、反して価格がブレイクアウトして上昇する場合があります。これを「三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし」といいます。





だましの判定と価格の動き

「三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし」が起こった場合、価格は三尊天井が意味する抵抗線を無視して動きやすくなります。

「三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし」の判定は比較的容易で、三尊天井のショルダーの部分を価格が抜いてきた場合とするのが一般的です。すなわち、三尊天井の左右2つの山の部分です。右か左かどちらの山とするのかは定義はありませんが、一般的には近い方(右)の山とすることが多い傾向があります。ただし、これには見方が様々あり、高い方とする場合や低い方とする場合があるので一概には言えません。

「三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)のだまし」となった場合、基本的には価格は三尊天井を抜いてさらに上昇する可能性が高まります。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース