本文へスキップ

ランダムウォーク仮説とは

ランダムウォーク仮説とは


ランダムウォーク仮説とは

  • ランダムウォーク仮説とは、金融商品の値動きは規則性が無く、過去の変動とは一切関係なく、予測不可能であるとする説のことです。すなわち、値動きはランダムだとする説です。

    テクニカル分析は、過去の価格の値動きを分析して、これからの価格の値動きを予測する分析方法ですが、ランダムウォーク仮説は、これからの価格の値動きを予測するのに、過去の価格の値動きを分析しても参考にはならないとして、テクニカル分析を否定しています。



トレンドの存在の証明は困難

ランダムウォーク仮説は、三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)などのチャートパターンやトレンド分析などは「だまし」があり、また、これからの突発的な事象を予測することは不可能であり、どの時点においても価格の上昇と下落の可能性はほぼ同じであるとする説で、テクニカル分析による予測はほとんど科学的根拠はなく、テクニカル分析でいう「トレンド」は、「結果論」であり、将来予測においてトレンドラインなどを設定して判断しない立場をとる説です。

実際の相場において、トレンドの存在を重視している投資家は多く、その存在を否定する人は少ないと言えるかもしれませんが、実際にトレンドの存在を証明することは困難とされており、ランダムウォーク仮説はその必然性を認めていません。




効率的市場仮説とは

ランダムウォーク仮説は、「効率的市場仮説」に関連する説で、効率的市場仮説とは、利用可能なすべての新たな情報はすぐに価格に反映され(織り込まれる)、その情報を使ってトレードをしても、市場平均よりも高い利益をあげる事は不可能だとする説です。ランダムウォーク仮説はこれを前提としており、新しい情報はすぐに価格に織り込まれるので、過去の値動き(トレンド)は未来の値動きの予測をするのに無関係としています。




動画で解説−YouTube−









関連記事








その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース