本文へスキップ

ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウトのだまし

ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウトのだまし


ボックス相場(レンジ相場)


ボックス相場(レンジ相場)とは、一定の範囲内(レンジ)で価格がもみ合っている型のものです。レジスタンスラインサポートラインが水平に近い型になっているのが特徴で、一般的に相場はレンジの中にとどまっていることが多いです。






ブレイクアウト(上放れ・下放れ)のだましと見分け方

ボックス相場(レンジ相場)から価格が数日や少しだけブレイクアウトして(参照:「ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウト(上放れ・下放れ)」)、またそのレンジに戻ってしまうことはよくあります。いわゆる「ブレイクアウトだまし」です。これは、ストップ・ロス・オーダーがその近辺に多くたまっていて、その注文が執行されることが理由の一つと考えられます。価格が少しでもレンジを抜いてしまうと、ストップ・ロス・オーダーによる狼狽注文が執行されてこの現象が起こります。ただ、レンジを抜いた後、そのトレンドを維持するにはそれに値する理由と買いの勢いが必要であるため、ブレイクアウトがだましとなってしまいます。

ブレイクアウトのだましを見分けることに明確な定義はありませんが、行動的観察からブレイクアウトした後に数日経ってもこのレンジを終値で越えていれば、ブレイクアウトの信頼性が高いと判断できます。これによりブレイクアウトの裏付けを取ることができますが、ブレイクアウトに載るタイミングは遅れます。どちらの重要性を取るかはトレーダーの評価によります。





ボックス相場(レンジ相場)関連記事




関連記事






その他「テクニカル分析」に関する記事は以下。




テクニカル分析の基礎



チャートの見方





投資手法





ローソク足の種類





ローソク足の組み合わせパターン





移動平均線





ゴールデンクロスとデッドクロス





チャートでトレンド分析





チャート分析







酒田五法





フィボナッチ





ペンタゴンチャート





テクニカル指標





米国





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース