本文へスキップ

上場(じょうじょう)とは

上場(じょうじょう)とは



上場(じょうじょう)とは

  • 上場(じょうじょう:listing)とは、有価証券デリバティブ商品などを、取引所(証券取引所や商品取引所などの市場)で売買できるようにすることです。 上場は「公開」ともいわれます。上場するには、取引所の審査を受ける必要があります。




上場すると?非上場とは?

株式会社株式を上場すると、一般投資家がその株式を売買できるようになります。その状態になる瞬間を「上場」といいます。株式が上場されていない株式会社は「非上場」「未公開」といわれます。

株式会社が株式を上場すれば、自社と関係がない人でもその株式に投資できるようになるため、ディスクロージャーの義務が課せられます。




上場されている主な商品

有価証券
株式債券
デリバティブ
先物オプション
商品先物
白金(プラチナ)アルミニウム原油・ガソリン・灯油・軽油・トウモロコシ大豆ゴム





上場のメリット

取引所に上場するには、取引所ごとに設けられている上場基準をクリアする必要があります。例えば株式会社が証券取引所に株式を上場させる場合、過去の売上高や利益、資本金、財務内容、将来性など多くの条件をクリアする必要があります。東京証券取引所の一部市場(東証一部)の場合であれば、上場基準がとても厳しいため、それがクリアできたということは社会的信用が高まる要因となります。それによって、銀行からの融資が受けやすくなったり、認知度の向上から優秀な人材が集まりやすくなったり、取引先が増えるなどの効果が期待できます。また、株式を上場させて資金調達できるメリットもあります。




上場のデメリット

一方、優良な大企業が上場しているというわけではありません。上場すればオープンな経営をする必要が出てきて、財務内容を公開しなければなりませんし、上場してしまえば誰が株主になるかわかりません。一定以上の株式を買い占められた場合、経営権を奪われてしまいます。また、すべての株主は1株につき1票の議決権を持っているため、経営はより多くの株式を持っている投資家、つまり筆頭株主の意見に動かされます。例えば、新聞社は上場していませんが、新聞社が上場しないのは、株主の意見に左右されて「報道の中立性」が保てないことを防ぐためと言われています。






上場されている主な商品

有価証券
株式債券
デリバティブ
先物オプション
商品先物
白金(プラチナ)アルミニウム原油・ガソリン・灯油・軽油・トウモロコシ大豆ゴム



関連記事









※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





気配値(板)





注文





夜間取引





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





専門家





投資手法





投資効率





投資成果の評価





売買手法





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース