本文へスキップ

景気と株価の関係

景気と株価の関係


景気とは

  • 景気とは、モノやサービスの売買や取引などの経済活動の状況のことです。景気は人々の「気分」が大きく関係するものです。気分が明るくなれば消費が増え、経済活動は活発になります。逆に、気分が暗くなれば消費が減り経済活動は鈍化します。



景気と株価の関係

企業業績と株価の関係」のページで、企業業績によって株価が変動することを解説しましたが、企業業績に影響を与えるもっとも大きな要因は「景気」です。景気がよくなれば消費が増えますので、企業は生産を増やしてその消費に対応し利益を上げることができます。企業の利益が上がればEPS(1株当たり利益)が上昇しますので株価上昇要因となります。ゆえに景気回復は株価上昇要因となります。
逆に、景気が悪くなれば消費が落ちます。消費が落ちると、モノを作っても売れない状態となってしまいますので企業は生産を減らします。生産量が減り、モノを作っても売れないので企業の利益は下がることとなります。企業の利益が下がればEPS(1株当たり利益)が下がりますので株価下落要因となります、ゆえに景気鈍化は株価下落要因となります。






景気の動向を確認するには?

景気の動向を示す経済指標は、

   ・景気ウォッチャー調査
   ・景気動向指数とは
   ・消費者物価指数(CPI)

です。これらの経済指標を見て、現在の日本の景気動向を確認し、これから企業業績は上がるのか下がるのかを判断して株式投資に反映させるのが一般的な投資方法ですが、一番注目しなければならない経済指標は「GDP」です。

GDPは、一番大きなファンダメンタルズ((国や企業などの経済状態などを表す指標)であり、景気のトータル値とも言えるものです。ゆえに、GDPが上がっていれば経済は上昇基調であり株価にとっては上昇要因、GDPが下がっていれば経済は下落貴重であり株価にとっては下落要因となりますので、上記の経済指標に加えて株式投資をする際はGDPの動向にも注目しておきましょう。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース