本文へスキップ

成行注文(なりゆきちゅうもん)とは

成行注文(なりゆきちゅうもん)とは


成行注文(なりゆきちゅうもん)とは

  • 成行注文(なりゆきちゅうもん:market order)とは、成行き任せの注文のことです。現在取引されている価格で約定(やくじょう)される注文です。



指値注文で買えない?売れない?

株式を売買する際の注文方法は、大きく「成行注文」と「指値注文」の2種類がありますが、このうち成行注文は、成り行き任せを指定して出す注文ですので、いくらで買えるか売れるか分かりません。現在取引されている価格で約定される注文ですが、株価の変動が激しい場合は、思いがけない価格で約定することがあるので注意が必要です。ただし、指値注文より優先して扱われる注文ですので、約定する確率は高い注文です。成行注文は、価格を気にしないで「早く買いたい、早く売りたい」といった場合に利用することが多い注文方法です。

ただし、株式は突発的な好材料悪材料が出て、買い注文や売り注文が殺到する場合があります。例えば、悪材料が出て売り注文が殺到した場合、損失覚悟で「いくらでもいいから早く売りたい」と成行注文が殺到する場合があります。その場合、大量の売り注文に対して、買い注文が少なければ、その日に売れないことがあるので注意が必要です。



株式市場では、1日のうちに株価が急激な変動をすると投資家への影響が大きくなるという理由から「制限値幅」というある一定の範囲内に価格変動を抑制する措置がもうけられています。制限値幅の下限まで株価が下落することを「ストップ安」と言い、売り注文が殺到して株価が下がり続けてストップ安となると、成行注文で売り注文を出したとしても売れないので注意が必要です。

買い注文の場合もこれと同様で、例えば好材料が出て買い注文が殺到した場合、「いくらでもいいから早く買いたい」と成行注文が殺到する場合があります。その場合、大量の買い注文に対して売り注文が少なければ、その日に買えないことがあります。買い注文が殺到して株価が上がり続けてストップ高となると、成行注文で買い注文を出したとしても買えないので注意が必要です。





関連記事






※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





気配値(板)





注文





夜間取引





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





専門家





投資手法





投資効率





投資成果の評価





売買手法





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース