本文へスキップ

リスクパリティ戦略とは

リスクパリティ戦略とは


リスクパリティ戦略とは

  • リスクパリティ戦略とは、投資のリスクを分散化させる運用手法の一つで、株式や債券などで構成されるポートフォリオ全体に占める各資産のリスクの割合が均等になるようにする運用リスク管理手法・戦略のことです。



リスクパリティ戦略の例

リスクパリティ戦略は、例えば、株式などリスク資産のボラティリティ(価格変動性)に合わせて、ボラティリティが上がれば保有を減らし、ボラティリティが下がれば買増しを行うなどの運用を行います。リスクパリティ戦略を採用しているファンド(投資信託)は、一般的に1500億ドル程度あるとされていますが、欧米の年金基金など外国人投資家の多くが採用しているとされており、複数の資産の保有リスクの度合いをそろえるために、株式や債券コモディティなど各市場のボラティリティに合わせて、各資産のポートフォリオの組み入れ比率を変更する仕組みとなっています。






ボラティリティが上がった場合、下がった場合

例えば、株式のボラティリティが上がった場合、リスクパリティ戦略によって株式などリスク資産は減らされますので、株式への売り圧力が高まりやすくなります。一方、ボラティリティの低下が長引けば、株式の組み入れ比率が高まるため、株式への買い圧力が高まりやすくなります。長期保有の年金基金などもこの戦略を採用していることが多いため、ボラティリティが上がった場合、下がった場合、どちらも長期的にこの傾向が強まりやすいとされています。




動画で解説ーYouTube−






関連記事








※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





注文





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





投資手法





投資効率





プログラム売買





ESG





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース