本文へスキップ

呼値(よびね)とは

呼値(よびね)とは




呼値とは

  • 呼値(よびね:bid and offer)とは、市場に発注する買いや売りの注文の価格のことです。 気配値(板)に並んでいる注文価格のことです。呼値の幅は株価水準ごとに異なりますので、以下に一覧表で紹介します。

例えば、ある株式を買おうとした場合、株式の買い注文は、証券会社が取り次ぎを行って、証券取引所に注文を入れることになりますが、その注文は内容を詳細に示すことになっています。呼値は、その際に、指値注文(さしねちゅうもん)で指定する値段のことをいいます。




呼値の刻み値段(一覧表)

呼値の単位は、株価水準によって何円刻みかが証券取引所によって決められています。この呼値の刻みの単位で株価は変動することになります。また、この呼値の刻みは「ティック」とも呼ばれています。



例えば、現在の株価が4,000円の銘柄があったとして、株価が上下に動くとします。株価が4,000円ということは、表で見ると、「3,000円超-5,000円以下」にあたりますので、この銘柄の株価は、5円刻みで動くことになります。つまり、株価が上昇したとすれば、4,005円、4,010円・・・と動いていきます。4,001円、4,002円・・・という刻みでは動きません。




気配値(板)

気配値(板)で見る買気配や売気配は、この呼値の単位に従って、呼値の単位ごとの注文株数が表示されます。












※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





気配値(板)





注文





夜間取引





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





専門家





投資手法





投資効率





投資成果の評価





売買手法





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース