本文へスキップ

目論見書とは

目論見書とは


目論見書とは

  • 目論見書(もくろみしょ:prospectus)とは、有価証券(株式社債投資信託など)の発行体が、有価証券の募集あるいは売り出しを行う際に投資家に交付する文書のことです。目論見書には、有価証券の発行体や発行する有価証券の内容などが書かれています。有価証券を販売する場合は、必ず目論見書を作成して投資家に交付しなければなりません。ただし、国債や地方債は目論見書が発行されません。



目論見書の目的

目論見書は、投資家の投資判断の基準となる基礎資料を提供することを目的に交付されます。内容や方式等は、有価証券を募集あるいは売出しを行う地の法律によって規制されており、通常は、発行体の名前、事業内容、資本構成、財務諸表、業績の見通し、証券発行手取金の使途、発行金額、発行価額、利率、満期日、上場の有無、引受人の名前、引受額、手数料等となります。目論見書の内容に誤りがあって、これによって投資家が損害を被った場合は、発行体等が損害賠償責任を負うこともあります。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース