本文へスキップ

ADRとは(米国預託証書)

ADRとは(米国預託証書)


ADRとは

  • ADR(読み方:えーでぃーあーる|英語:American Depositary Receipt)とは、「米国預託証書」と呼ばれる、米国市場で外国企業の株式を裏付けに発行する証券のことです。





ADRの特徴

ADRは、米国の投資家が国外の会社に投資できるように作られたもので、米国市場に上場する株式のような証券で、株式を所有しているのと同じ効力があります。ドル建てで譲渡が可能です。

米国では、外国の企業が発行する株式を売買するのに外国の株式をそのまま使用すると物理的な制約があることから、銀行が預託機関(預託銀行)となって株式を保管するとともに、これと引き換えに預託証書を発行しています。これがADRです。

世界の多くの企業が、このADRを利用して証券を発行し、米国市場に上場しています。これを利用して、日本から投資困難な国の株式に投資することもできます。ADRは、米国株式市場に上場している株式と概ね同じ開示基準が適用されています。日本企業では、1961年にソニーが初めてADRを発行しました。






S1方式とS12方式

米国でADRを発行する場合、「S1方式」と「S12方式」があります。

S1方式とは
S1方式とは、米国で新株を発行して、それをADRとして募集する方式です。SEC(証券取引委員会)への事前登録や公認会計士の監査、連結財務諸表の作成などが義務付けられています。
S12方式とは
S12方式とは、既に発行されて流通している株式をADRとして流通させる方式です。S1に比べて簡単な手続きで済むのが特徴です。



スポンサーがないADR

ADRは、ADRの対象の会社が関与せずに、米国の預託銀行が発行できるように法改正されました。それまでは、米国に株式を上場させたい会社が関与して米国の預託銀行が発行していましたが(スポンサー付きADR)、法改正によって、米国に株式を上場させたいと思っていない会社も、米国の預託銀行がADRを発行できるようになりました(スポンサーなしADR)。









※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





気配値(板)





注文





夜間取引





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





専門家





投資手法





投資効率





投資成果の評価





売買手法





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース