本文へスキップ

証券とは

証券とは






証券とは

  • 証券(読み方:しょうけん|英語:security)とは、財産上の権利を表す証書のことです。証券は、一定の権利・義務を持っており、法律上効力を持っており、金融商品取引法で「金融商品」にあたります。



有価証券とは

  • 財産的価値のある株式債券などを「有価証券(読み方:ゆうかしょうけん)」といいます。有価証券は、民法や商法では「財産権を表す証券」と定義されています。

最も身近なものでは、紙幣も有価証券に分類されます。紙幣は紙切れですが、日本政府の信用の裏付けがあるため財産的価値を持っています。紙幣は正式には「日本銀行券」といい、日本政府の信用を裏付けとして日本銀行が発行する有価証券です。株式の場合は、その株式を発行している企業の信用が裏付けとなって財産的価値を持っています。ゆえに、金(きん)などのように実物資産と違い、不安定なものという解釈もできます。






有価証券の分類

有価証券は「貨幣証券」「物品証券」「資本証券」に分類されます。

貨幣証券
銀行券、手形、小切手など
物品証券
船荷証券、貨物引換証など
資本証券
株式、債券など



債券・株式

国や地方自治体にお金を貸せば、債券という証券を持つことになります。国が資金調達を目的に発行する債券は国債(こくさい)といい、地方自治体が発行する債券は地方債(ちほうさい)といいます。企業が発行する債券は社債(しゃさい)といいます。

例えば、国債を買った場合、償還期限に貸したお金の元本(がんぽん)と利子(貸した金銭に対する報酬として貸主が借主から一定の割合で定期的に受け取る金銭)を受け取れる権利を持つことになります。逆に、国債の発行体、すなわち国は、その返済義務を負うことになります。ゆえに、債券は発行体の借金ということができます。

また、株式会社に出資をすれば株式という証券を持つことになります。株式を買った場合、買った人は株主としての権利を持つことになります。






日本の有価証券

日本で「証券」と言えば「有価証券」のことを指す場合が多く、日本では政府が法律に基づいて有価証券を指定しています。法律で指定されている主な有価証券は以下の通りです。









※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





気配値(板)





注文





夜間取引





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





専門家





投資手法





投資効率





投資成果の評価





売買手法





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース