本文へスキップ

金利の上昇・下落と、グロース株・バリュー株の現金保有率による株価との関係

金利の上昇・下落と、グロース株・バリュー株の現金保有率による株価との関係



バリュー株投資・グロース株投資

  • 割安投資するバリュー株投資と、今後の成長が期待される株に投資するグロース株投資を比べると、金利動向によって投資のパフォーマンスに違いが出てきやすい傾向があります。これは、理由の一つとして、企業の現金保有率との関係があります。




金利の上昇・低下と株価の動き

金利が上昇する局面では、グロース株投資がバリュー株投資に比べてパフォーマンスがよくなりやすく、金利が低下する局面では、バリュー株投資がグロース株投資に比べてパフォーマンスがよくなりやすい傾向があります。

通常、金利が上昇する局面というのは、景気がいい状態であるため、バリュー株にとっては追い風となりやすいと考えられますが、一方で、金利上昇局面でバリュー株投資のパフォーマンスが低くなりやすいのは、企業の現金保有率が関係していることが考えられます。

バリュー株は相対的に現金保有率が低いため、金利上昇は逆風となりやすい傾向があります。現金保有率は、バリュー株よりグロース株の方が高い傾向があります。現金を多く持っているグロース株は、負債を抱えることなく、自社株買い設備投資など支出を増やすことができます。一方、現金の保有が少ない企業が多いバリュー株は、負債を増やしてしまえば、金利上昇によって、金利をより払わなければならなくなるので、支出を増やしにくいです。ゆえに、金利の上昇は逆風になりやすいです。ただし、金利が低下すれば、株価は見直されやすくなる傾向があります。






関連記事



以下、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」より









※その他「株の基礎知識」に関する記事は以下。




株式投資をはじめる前に



証券会社の選び方





株を買うメリットとデメリット



株式投資で得られるもの



株式投資のリスク





株価が変動する基礎要因





グロース株・バリュー株





気配値(板)





注文





夜間取引





PTS





上場投資商品





信用取引





IPO





SPAC





NISA





専門家





投資手法





投資効率





投資成果の評価





売買手法





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース