本文へスキップ

劣後株式(後配株式)とは

劣後株式(後配株式)とは


劣後株式とは

  • 劣後株式(れつごかぶしき:deferred stock)とは、「劣後株」「後配株式」「後配株」とも呼ばれる、普通株式に比べて利益の配当や会社が解散した場合の残余財産の分配の取扱いが劣る(優先順位が後になる)株式のことです。



発行の目的と特徴

劣後株式は、普通株式より不利な株式であり、投資家にとってメリットがないため、通常は経営者や発起人向けに、または政府が特殊法人や公共事業会社の株式を取得する際に発行されることがあります。また、会社が新株を発行の際、旧株の配当を低下させない目的で、一定期間だけ新株を劣後株とする場合もあります。既存株主の利益を損なわずに資金調達する際に発行されることもありますが、あまり発行されることがない株式です。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース