本文へスキップ

材料とは(材料待ち・材料出尽くしについて)

材料とは(材料待ち・材料出尽くしについて)


材料とは

  • 材料(ざいりょう:fact)とは、一般的には、モノを作る時に、そのもとにするものという意味ですが、金融市場においては、価格変動に影響を与えるニュースや出来事を意味します。

株式市場においては、「市場材料」といわれることもありますが、同様に、株価変動に影響を与えるニュースや出来事のことを意味します。

価格は何かの要因があって変動します。その要因を「材料」と言って、市場関係者は使いますが、価格(株価)が上昇するような良い材料を「好材料(プラス材料)」、価格(株価)が下落するような悪い材料を「悪材料(マイナス材料)」と言って使われます。




主な材料

株価に影響を与える主な材料は、マクロ経済においては、金利外国為替経済指標などで、ミクロ経済においては、企業業績や新開発・新鮮品のニュース、株式の投資家の需給などがあります。




材料待ちとは

材料待ち(ざいりょうまち)とは、市場が材料を待っている状態です。価格(株価)の変動が乏しく、材料を欲しがっている状態とも言えます。例えば、ある材料に価格が反応し、その材料を織り込んだ(反映した)後は、他の材料がなければ、価格は上にも下にも動きにくくなります。投資家は、価格の上下の幅で利益を得ますので、次に何か価格を動かす材料は出ないかを待つようになります。これが「材料待ち」です。




材料出尽くしとは

  • 材料出尽くし(ざいりょうでつくし)とは、材料が価格(株価)に織り込まれて(反映されて)、価格があまり変動しなくなることです。
  • 好材料出尽くし(こうざいりょうでつくし)とは、好材料が価格に織り込まれて(反映されて)、価格が上がりにくいことです。
  • 悪材料出尽くし(あくざいりょうでつくし)とは、悪材料が価格に織り込まれて(反映されて)、価格が下がりにくいことです。







※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース