本文へスキップ

サーキット・ブレーカーとは

サーキット・ブレーカーとは




サーキット・ブレーカーとは

  • サーキット・ブレーカー(Circuit Breaker)とは、株価が一定の限度を超えて大きく変動した時に、自動的に売買を停止する措置のことです。



サーキット・ブレーカーのメリットとデメリット

サーキット・ブレーカーの発動によって売買が一時停止されれば、過熱していた投資家心理を一旦落ち着かせることができます。一方で、市場間による裁定取引ができなくなる、市場全体の安定性を阻害するなどの影響が懸念されます。日本の取引所では、株価指数先物指数オプションにおいてサーキットブレーカー制度が適用されます(個別株式の売買までは停止しない)。株価指数先物の場合、サーキットブレーカーが発動されると、売買が10分間停止され、債券先物の場合は、前日の清算価格から2万円以上変動した場合に売買が15分間停止されます。

海外では全銘柄と株価指数先物の売買が一定時間停止される場合があります。また、商品取引所でも同様の制度が導入されています。












※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース