本文へスキップ

エマージング・マーケットとは

エマージング・マーケットとは




エマージング・マーケットとは

  • エマージング・マーケット(emerging maekt)とは、「新興成長市場」と呼ばれる、世界の証券市場で成長している、またその可能性が高い市場のことです。

一般的には、世界銀行が分類する一人当たり国民所得が低く、資本市場が未発達な国が該当すると考えられることが多いですが、明確な定義はなく、単に「新興国市場」のことを指すことが多いです。




名前の由来

「エマージング・マーケット」は、国際金融公社(世界銀行の子会社)が、1986年に新興国の資本市場育成に関して機関投資家にエマージング・マーケットを対象としてファンドに拠出を行った(500万ドル)ことから広まった言葉です。




エマージング・マーケットの特徴

新興国の株式市場は、先進国の株式市場に比べて時価総額が小さく、流動性が低いことが多いため、値動きが荒くなりやすいのが特徴です。相場上昇時には大きく値上がりしやすい半面、下落時には流動性が低いため、売りたい時に売れないことがあったり、急落しやすい可能性があります。

ただ、先進国は経済が成熟化しているため、成長性が期待できないなど投資対象としての魅力が薄い面がありますが、新興国の場合は潜在的な経済成長の可能性があり、そのスピードも速い可能性があるため、投資対象として魅力的に感じる投資家も多いです。

一方で、政情不安が起こりやすい傾向があり、その影響で制度が大きく変わったり、市場の整備が行き届いていないなどのリスクは常にあり、金利の操作が未熟であることもあるため、インフレへの抵抗力が脆弱である場合もあるので注意が必要です。












※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース