本文へスキップ

LTCMとは(LTCMショックについて)

LTCMとは




LTCMとは

  • LTCM(Long Term Capital Management)とは、1994年に米国の投資銀行「ソロモンブラザーズ」の副会長であったジョン・メリウェザー(John Meriwether)が設立したファンドです。



LTCMのアドバイザー

LTCMは、FRB(連邦準備制度理事会)の元副議長であったデビッド・マリンズ(David Mullins)やノーベル経済学賞をとったマイロン・ショールズ(Myron Sholes)、ロバート・マートン(Robert Merton)がアドバイザーとなって人気を博し、世界各国の金融機関がLTCMへの投資を行いました。






運用手法

LTCMの運用手法は数理モデルを用いたもので、割安債券を買い、割高な債券を売るといった裁定取引を主として行いました。加えて、レバレッジを活用することによって収益の最大化を狙い、高い実績を上げました。




LTCMショック(LTCM破綻危機)

LTCMは、世界各国の金融機関から投資を受け、高い実績を上げていましたが、1998年のロシア債務危機によって、保有していたロシアなどの新興国の債券や株式の価格が、同ファンドのモデルの想定外に下落しました。これによってファンドの資金繰りが悪くなり、破綻状態となりました。これを「LTCMショック」といいます。その後、このLTCMショックが金融機関へ波及することを恐れたFRBの支援によって清算が進められました。









※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース