本文へスキップ

物言う株主とは

物言う株主とは


物言う株主とは

  • 物言う株主(ものいうかぶぬし)とは、「アクティビスト」とも呼ばれる、株主の権利を積極的にに行使して提言・提案を行い、企業を変えようとする株主のことです。



物言う株主の手法

物言う株主は、割安株を購入した後、株主としての権利を積極的に行使して、会社の価値を高め、高値でその株式を売却する手法が主流です。

2000年代前半、村上ファンドやスティール・パートナーズ等が、会社に対して積極的な提言を行ったことから注目を集め、短期的な変化を起こして企業価値や株価を上げるイメージがついたために、敵対的な印象が強くなりましたが、近年は敵対的ではなく、企業の経営者とともに企業価値を高めていこうという制度が始まって、それが徐々に浸透してきています。企業側も、長期的な企業価値向上をともに考えてくれることを歓迎することが多くなっています。日本の企業は、内部昇格で経営者になることが多く、外部の第三者の意見を取り入れていくことも重要視されてきているため、その方向性がより強くなってきています。





関連記事








※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース