本文へスキップ

裁定取引とは

裁定取引とは


裁定取引とは

  • 裁定取引(arbitrage:アービトラージ)とは、現物市場と先物市場など、異なる市場間の価格差を利用して利鞘(りざや))取りを目的とする取引のことです。
  • 鞘(さや)または差也(さや)とは、相場における価格差のことです。



裁定取引の例

例えば、日経平均株価(原資産)と日経平均先物(デリバティブ)では、時間差や地域差、市場の違いなどで価格が異なること現象が出てくることがあります。日経平均株価と日経平均先物は、日経平均株価が原資産となるので、日経平均株価と日経平均先物で価格に乖離が生じれば、いずれその2つの価格は収束しやすくなりますので、安い方を買って高い方を売っておけば、その差額を儲けることができます。こういった取引が裁定取引です。
裁定取引は、日経平均株価と日経平均先物といった組み合わせだけでなく、2通貨の金利差や為替幅などでも行われます。この裁定取引によって各市場の価格差がならされています。



裁定取引の推移は、当サイトの姉妹サイトである「株式マーケットデータ」で確認できます。






関連記事







※その他「デリバティブ」に関する記事は以下。




デリバティブの基礎







先物









オプション







スワップ






リスク









裁定取引





べーシス取引





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース