本文へスキップ

べーシス取引とは

べーシス取引とは


べーシス取引とは

  • べーシス取引(basis transaction)とは、べーシス現物の価格と先物の価格の差)を利用した取引で、現物の価格と先物の価格に歪みが生じた際に、いずれその歪みは修正されると予想して利鞘を取ろうとする取引のことです。



なぜ歪みが生じる?

例えば、債券の場合、先物の価格は理論価格(現物の価格と短期金利から計算される価格)に一致するとされますが、需給によって歪みが生じることがあります。また、現物の価格も、その商品によっては価格変動がいびつになることが多く、歪みが生じることがあります。この歪みを利用して利鞘をとる取引がべーシス取引です。




裁定取引との違い

べーシス取引は、裁定取引とよく似た取引で、現物買いと先物売り、または現物売りと先物買いを同時に行って取引をしますが、べーシス取引の場合は、べーシスの変化分だけ利鞘を取ろうとするのが特徴の取引です。また、べーシス取引では、べーシス・リスクが生じることになります。





関連記事







※その他「デリバティブ」に関する記事は以下。




デリバティブの基礎







先物









オプション







スワップ






リスク









裁定取引





べーシス取引





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース