本文へスキップ

カバード・コールと先物の売り

カバード・コールと先物の売り


カバード・コールとは



カバード・コールを行う目的

カバード・コールは、コール・オプションを売りますので、オプション料(プレミアム)を受け取ることができます。一方で、現物の価格が上昇した時は、コール・オプションで損失が出てしまいます。ゆえに、カバード・コールのポジションを組むと、価格上昇のメリットは限定され、価格下落時にオプション料(プレミアム)の分だけ損失を減少させることができます。すなわち、カバード・コールは、価格上昇が見込めない時に有効な組み合わせとなります。株式の場合であれば、株価の上昇をあきらめて、オプション料を得ようとする組み合せとなります。





カバード・コールと先物の売りによる影響

カバード・コールを行う投資家のコール・オプションの売り注文を受けた証券会社は、それに買い手となって対応するため、ヘッジ目的で先物で売りを出します。価格が上昇して権利行使価格(ストライク・プライス)に近づいてくると、コール・オプションの資産価値の上昇が先物の損失分を上回ってきます。反対売買で利益を得ることもできますが、、オプション流動性が低いため、先物を追加で売って疑似的に持ち高を解消することになります。オプションの売りが増えると、予想変動率が下がり、買い手となる証券会社の先物の売買によって株価の動きが抑えられる形になります。

一方で、この場合、価格が下落すればコール・オプションの資産価値がゼロに近づいてきますが、先物で利益を得られます。反対売買の先物の買戻しが増えて、この場合も株価の動きが抑えられる要因となります。また、プット・オプションの場合もこれらと同様で、株価の動きが抑えられる要因となります。

これらの取引は一般的で、影響はそこまで考えにくいですが、低金利時代に金利配当が低い時代には、利回り目的でこれらの取引が活発化し、価格の値動きが抑えられ、VIX指数が低下する要因になると指摘されています。





関連記事






※その他「デリバティブ」に関する記事は以下。




デリバティブの基礎







先物









オプション







スワップ






リスク









裁定取引





べーシス取引





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース