本文へスキップ

流動性リスクとは

流動性リスクとは


流動性リスクとは

  • 流動性リスク(りゅうどうせいりすく:Liquidity risk)とは、取引量による売買のしやすさ(流動性)に対するリスクのことです。



流動性リスクについて

流動性が低いということは、市場での取引量が少ないことを指し、買い注文がないため希望する価格で売れない、売りたくても売れない、という状況を意味します。適正な流動性に欠けるため、高コストの調達や、不利な価格での資産売却に陥り、資金繰りが悪化する要因となります。流動性リスクは、金利変動リスク(金利リスク)とともに、ALM(資産負債総合管理)の課題となります。

また、流動性リスクはデフォルト(債務不履行)を引き起こす要因の一つともなります。債務が短期債務に偏っている場合や、外貨準備高が適正水準を下回っている場合に流動性リスクが問題視されやすいです。





関連記事









※その他「デリバティブ」に関する記事は以下。




デリバティブの基礎







先物









オプション







スワップ






リスク









裁定取引





べーシス取引





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース