本文へスキップ

VaRとは

VaRとは


VaRとは

  • VaR(Value at Risk)とは、過去のボラティリティに基づいて、保有中の資産が将来のマーケット(市場)の変動によって、どれだけ損失を被るリスクがあるかを計測し、予想最大損失額を算出する方法のことです。すなわち、現在保有しているポジションの抱えているリスクを、過去の相場変動を基準として推定する方法です。VaRは、ボラティリティが高まると予想最大損失額が膨らみ、リスクを回避の観点から、資産を売却して減らす必要があります。
  • VaRは、過去のデータから価格の標準偏差を求めて「α」とし、1日後の時価は平均値±2αの範囲に収まるとするものです。平均値−2αを1日後の最大損失額としてリスクを計ります。



VaRの特徴

VaRは、金利通貨株式などのデリバティブ取引におけるリスクを同じ方法で求めることが出来ます。ただし、それらに関する様々なボラティリティを、どうデータベース化するか、資産同士の相関係数をどう考えるかなど、問題は多いです。





関連記事









※その他「デリバティブ」に関する記事は以下。




デリバティブの基礎







先物









オプション







スワップ






リスク









裁定取引





べーシス取引





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース