本文へスキップ

大納会(だいのうかい)とは

大納会(だいのうかい)とは


大納会(だいのうかい)とは

  • 大納会(だいのうかい)とは、日本の証券取引所の年末の最終営業日に行われる催事のことです。原則、12月30日(土日の場合は前営業日となります)が大納会となります。立会取引もこの日が年内最終日となり、通常通り前場後場行われます。東京証券取引所の大納会は、2002年以降その年に話題となったキーパーソンをゲストに呼び、立会終了の鐘を鳴らすのが恒例行事となっています。一方、年始の最初の営業日に行われる催事は「大発会(だいはっかい)」といいます。



大納会の株価

大納会前は節税対策のために損失を確定する向きや、6月・12月決算企業の権利落ち日の直後となるため、株価が下がる場合があります。株式市場は、12月は年末にかけて株価が上昇しやすい傾向がありますが、大納会当日の勝率としては五分五分の傾向があります。年末年始に取引できない休日のリスクへの買い控えが出やすい傾向があります。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース