本文へスキップ

トレール注文とは(トレーリングストップ・トレールストップ)

トレール注文とは(トレーリングストップ・トレールストップ)


トレール注文とは

  • トレール注文(trail order)とは、「トレーリングストップ」、「トレールストップ」とも呼ばれる、ストップ・ロスのための逆指値注文を置いておくだけでなく、相場が有利に動いた場合には、その分だけ逆指値価格を自動で動かす注文方法のことです。逆指値注文をより効率的に使うための注文方法です。

    「トレール(trail)」とは、「追跡する」という意味です。





トレール注文の例と特徴

例えば、現在買いポジションがある場合は、相場の上昇に合わせて逆指値注文の価格を切り上げ、売りポジションがある倍は、相場の下落に合わせて逆指値注文の価格を切り下げてくれるのがトレール注文です。

トレール注文では、注文時にトレール幅を指定します。この幅が現在の相場の価格と逆指値注文の価格の差となります。これによって、損失は限定的になるとともに損失の最小化、さらに利益の最大化をはかれます。

具体的には、ある銘柄を株価1000円で買っていて「トレール幅を100円」に設定したとします。株価が上昇していれば、逆指値注文の価格が自動で切り上げて修正されながら追尾します。株価が1200円になったとしたら、逆指値注文の価格は1100円に切り上がることになります。そこでもし、株価が1100円に急落したとしたら、そこで自動的に売りの注文が発注されます。

上記の例のように、相場に合わせて最高価格(売りの場合は最低価格)を自動的に追尾して、その最高価格(最低価格)から指定したトレール幅でロスカットを執行するので、トレンドに上手く乗れた場合は利益の最大化を狙うことができます。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース