本文へスキップ

ブーメラン効果とは

ブーメラン効果とは


ブーメラン効果とは

  • ブーメラン効果(boomerang effect)とは、物事の結果がブーメランのようにその行為をした者に効果をもたらすことを意味しますが、経済学においては、先進国が発展途上国に経済援助を行って技術移転が進展し、発展途上国が国際競争力をつけて援助した先進国の市場を脅かすようになることをいいます。

    技術移転が進展すると、発展途上国の生産が拡大し発展途上国から先進国へ輸出が増えやすくなります。その結果、先進国の製品と競合するようになります。発展途上国は低賃金で製品を生産することができるため、発展途上国の輸出品はシェアを伸ばしやすくなり、先進国の市場を脅かすようになります。これが「ブーメラン効果」です。

    ブーメラン効果は、先進国にとっては脅威となりますが、一方で、ブーメラン効果を及ぼすような経済協力は成果のある強力であるということができます。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース