本文へスキップ

配当可能利益とは

配当可能利益とは


配当にまわせる限度額

配当は、どんどん増やしていけるようなものではありません。債権者保護のため配当は商法でその限度額が決められているのです(配当を出し過ぎると債権者に返すお金がなくなってしまうかもしれませんので)。

配当や役員賞与を行うときは、その1割を利益準備金として積み立てることが決まっていて、その分は配当にまわすことはできません。また、繰延資産(開業費、試験研究費、開発費の合計)が資本準備金と利益準備金の合計を超える場合も超過分を配当にまわすことはできませんし、持ち合い株式の評価差額金などの含み益も配当にまわすことはできません。




配当可能利益の計算式

配当にまわせる額は以下の式で表されます。

  • 配当可能利益=株主資本−(資本金+資本準備金+利益準備金+利益準備金要積立額)







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。





バナースペース