本文へスキップ

レバレッジドリースとは

レバレッジドリースとは


レバレッジドリースとは

  • レバレッジドリースとは、金融機関などから借入を行って、自己資金の何倍ものリース(貸し手が借り手に一定期間、一定の対価を受け取ることを条件に財の使用と占有を与える契約) を行うことです。 「レバレッジ」とは、少額の資金で大きな金額を動かすことです。



レバレッジドリースは、巨額の物件、例えば航空機のリースなどで利用されます。例えば、米国ではいくつかのリース会社が出資者となってペーパーカンパニーを立て、自己資金を出資して不足分を金融機関から借入してリースするための航空機を買って、その航空機を利用者にリースします。このペーパーカンパニーは、金融機関からの借入に対して返済の義務を負わず、航空機をリースした者からリース料を得て、借入の元本と利息を支払います。リース会社には税務上で特典が与えられているため、低コストでリースが行えるなどのメリットがあります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース