本文へスキップ

レバレッジとは

レバレッジとは


レバレッジとは

  • レバレッジ(leverage)とは、小さな資金で大きな取引をすることです。てこ(レバー)に由来する言葉で、てこの原理のように小さな力を大きな力に変えるレバーにたとえられてつけられた言葉です。



レバレッジの例

例えば、1万円の資金で10万円分の取引をすれば、レバレッジは10倍ということになります。10万円の資金で1000万円分の取引をすれば、レバレッジは100倍となります。レバレッジは、デリバティブなど元本に相当する資金の受け渡しがない差金決済のような金融商品でよく使われる取引です。

なぜ自分が持っている資金の何倍もの取引ができるのかというと、自分が持っている資金の何倍もの資金を借りているからです。例えば10万円で1000万円分の取引をする場合、10万円を「証拠金」として残りの900万円分を借り入れているからそのような取引ができるようになるのです。信用取引為替先物オプションスワップなどの取引はこのレバレッジを使って取引されることが多いです。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース