本文へスキップ

ユニットバンキングとは

ユニットバンキングとは


ユニットバンキングとは

  • ユニットバンキング(unit banking system)とは、「単一銀行制度」「単店銀行制度」とも呼ばれる、1店舗(本店)のみで営業を行う銀行制度のことです。支店を持たない、あるいは少数の支店しか持たず、地域ごとに独立して営業を行うのが特徴の銀行制度です。これに対して、支店を持って営業を行う銀行制度のことを「支店銀行制度」といいます。



ユニットバンキングの例

ユニットバンキングの典型は米国です。米国の銀行は約半数が支店を持たず、州法によっても支店の設置を禁じている州があり、交通や通信が発達していない時代は、生活単位が町単位であったために銀行も支店を持たないことが通常でした。さらに、金融の集中化を懸念する向きから支店銀行制度に反対の見方が強かったことが背景にあります。ゆえに、交通や通信が発達した現代でもこの流れが存在します。ただし、1994年の州際銀行支店効率化法によって州外支店の設置が可能になり、近年では商業銀行が支店を複数持つなどユニットバンキングは変化してきています。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース