本文へスキップ

整理銘柄(せいりめいがら)とは

整理銘柄(せいりめいがら)とは


整理銘柄(せいりめいがら)とは

  • 整理銘柄(せいりめいがら)とは、上場廃止が決定された銘柄のことです。整理銘柄に指定されると、原則1カ月間、整理銘柄として売買され、その後上場廃止となります。



監理銘柄から整理銘柄へ

上場廃止基準に該当するおそれがある上場銘柄は、証券取引所に「監理銘柄」として指定されます。その後、上場廃止基準に該当してしまい上場廃止が決まった銘柄は「整理銘柄」に指定されます(整理銘柄に指定されても売買することはできます)。整理銘柄に指定されると、原則1カ月間、整理銘柄として売買され、その後上場廃止となります。上場廃止が決まってすぐに取引を停止してしまうと、投資家が売買できなくなって、換金する機会がなくなってしまいますので、1か月間整理銘柄として売買できるようにされています。こういった措置は、証券取引所の投資家への流動性リスクに対する措置です。

上場廃止後は未公開株式向けの市場「グリーンシート市場」で売買の機会が与えられることもありますが、これにも該当しない銘柄は、証券会社での取り扱いがその時点でなくなってしまいます。逆に、監理銘柄に指定された後、上場廃止基準に該当するおそれがなくなれば監理銘柄の指定が解除されます。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース